金型のメンテナンス・改造

  • HOME
  • 金型のメンテナンス・改造

原因の究明

その破損、本当に単純なトラブルですか?

新規で金型を製作すると、余計なコストも掛かります。

日本トリムは破損の原因を追究・解明いたします。
徹底的な原因究明があるからこそ、進化した提案が可能です。

保守・メンテナンスのご相談をきっかけに、継続したご依頼をいただくことが多くあります。

高価なものですので、ご納得の上ご依頼いただきたいです。

メンテナンス、保守、修理に関するお困りごとでしたら日本トリムへお気軽にご相談ください。

※当社保有の画像寸法測定器 IM-7000シリーズの詳細・特徴はこちらからご覧ください。
KEYENCEホームページ
http://www.keyence.co.jp/microscope/high_speed/vw_6000/

短納期

原因の究明

成形メーカーの製造工程リーダー様や、保守・メンテナンスの担当者様よりよくご相談を受けます。

新たに金型を依頼していてはお金も時間も余計にかかってしまいますが、修理であれば無駄な手間もかからず、コスト削減につながりますよね。

お客様からのお問い合わせの後、金型を引き取り、当社の修理工場で専門のスタッフが修理をして納品いたします。

お問い合わせから納品までにかかる時間は、破損の程度にもよりますが、最短の場合即日対応も可能です。

成形品の納期が迫り、まだ成形しなければならないのに「納期が厳しい」とおっしゃるお客様にも、これなら安心してご依頼いただけます。

他社で断られた依頼も

他社で断られた依頼も

日本トリムでは他メーカーが製作したものでも修理を請け負っておりますのでお気軽にご相談ください。

「取引先が修理を引き受けていない」
「作ってくれたメーカーが廃業してしまった」

そんなお悩みがございましたら是非ご連絡ください。
全力でサポートいたします。